お金について思う事

お金は寂しがりやという話を聞いたことがあります。

 

お金が少ないところからは逃げていき、たくさんあるところには集まってくるという話です。

 

昔、実家暮らしをしていた時は生活コストに関する意識や減っていくお金で運用するリスクが理解できず、そんな馬鹿なと思っていましたが、最近はその通りだなあと思うようになりました。

 

「お金は寂しがり屋」というのは投資をするとよく分かります。
お金が集まってくる状況と逃げていく状況について、実際にこれの両方を経験しました。

 

集まってくる経験については、祖母の遺産のおかげで、一時にまとまったお金がはいりました。
そのお金を投資しました。

 

生活費とは全然別の余裕資金です。
生活費と切り離して投資したのが良かったのか、労働年収の二倍ぐらい投資で儲けることができました。

 

うまくいっている時は金が金を呼んで増えていくという感覚を感じる事が出来ました。
しかし、ある時から定期支出が出来てしました。

 

減っていくお金で運用するようになると、焦りから大失敗して一気にお金を失ってしまう経験をしました。
即日融資も経験しました。
「お金を寂しがらせる」という愚を犯したのが敗因だったと思います。

 

今は、支出と収入がトントンひたすら同じところをまわっているような生活をしています。結構、キツイです。

 

まあ、将来的には、親の遺産で大金が入る予定があります。
その時には、経験をいかし生活と投資を切り離すようにして「お金を寂しがらせない」ようにしていきたいと思います。

お金を使うことについて、考えました。

最近、クルマを運転できる家族が腰を痛めたことから、クルマに乗って日々の買い物に行くことが難しくなってきました。

 

かと言って、買い物をしないわけにもいきません。ネットで買い物をすることも、選択肢としてはありですが、我が家は地方にありますから、家に届くまでには日にちがかかります。

 

そこでやむなく、私は近所のスーパーまで、歩いて買い物に行くことにしました。

 

歩いていくものですから、多くの買い物はできません。同時に体力を使う以上、ガッカリする買い物はしたくないものです。

 

以前はすることがなかった、チラシのチェックをするようになりました。よくスーパーでは、夕方になるとお得になったりしますが、家が遠く買い物に時間を割くことが難しいため、私の場合、それはかないません。

 

時間があまりない、クルマに乗れないのでたくさん買うことができない、そんな二重苦状態の中で、買い物について工夫を重ねていくようになりました。

 

お得な日にちに買う、同じものでも少しでもお得なものを選ぶ、日々の買い物について、私は小さいことの積み重ねをしていきました。
前よりお金にシビアになってきて、無駄遣いが減ってきたように感じられます。アコムの返済も完了できました。

 

家族が元気になっても、この癖は続けていきます。家計がより健全になっていくように、感じられるからです。
そして、無駄遣いを減らす癖を生活全体に広げていくように心がけていくつもりでいます。そして、将来への楽しい貯金に結びつけていきたいと考えるこの頃です。